セローとヘッポコライダーのツーリング記録

ツーリングセローであちこち走り回る九州在住のヘッポコライダーのブログです。

紅葉狩りツーに行こう(提案)

九州でも最高気温が二十度を下回り、朝晩は気温一桁という日もちらほら。

そろそろ紅葉もいい感じに色づいて来ている予感がするので、紅葉を見にいこうよう(激寒)

 

英彦山温泉
f:id:hui711:20171114114921j:image

はぁ~^生き返るわ~♨

夜勤終わりで疲労感もやはりヤバいので温泉。紅葉を見ながら露天風呂に浸かるのは最高に気持ちがいい(ご満悦)

さっぱりした所で次行こうぜ。

 

 

高住神社
f:id:hui711:20171114111759j:image

f:id:hui711:20171114111815j:image

そういうわけで夜勤終わってからいつもの高住神社にやってきた。

ここは英彦山の山中にある神社で、福岡県の紅葉の名所の一つであることから紅葉目当てらしい観光客もちらほら。

なかなかいい紅葉してんじゃん(称賛)

でもなんか…曇ってるし…近場だからあんまり距離走ってないし…あっそうだ(閃き)

 

 

 

 

つ ぎ の ひ 

バイク欲が…我慢できぬ… !  

ということで紅葉狩りツーリング(1日ぶり2回目)イクよぉ!

午前中は所用で動けないので、昼頃出発だけどまぁいけるでしょ。

Here we go(出撃)

 

 

大分県日田市
f:id:hui711:20171114122142j:image

遊びに…来ました…(休日謳歌)

平日だというのにそこそこライダーとスレ違う。天気もいいしヤエー日和だよ今日は。

 

さて本日の目的地は大分県にある耶馬溪

中津市の山間部にある渓谷で、名勝にも指定されている場所。

紅葉のトンネルを抜けながら走れる道ということなので、南の玖珠郡まで抜けてから北上しつつガッツリ走り抜けることとしよう。


f:id:hui711:20171114123713j:image
うーん何故一眼レフを持ってこなかったのか。コレガワカラナイ

 

 

道の駅玖珠
f:id:hui711:20171114123649j:image

小腹が空いたので小休止がてら道の駅に立ち寄る。

なんか自衛隊車両多いなと思ったらここ玖珠駐屯地のそばでしたね…

さあいよいよ耶馬溪突入だ。

まともに通るのは初めてだからオラワクワクすっぞ。

 

 

耶馬溪


f:id:hui711:20171114124638j:image
f:id:hui711:20171114124704j:image
f:id:hui711:20171114124723j:image

いい景色やこれは…(恍惚)

 

一眼レフ持ってこなかったとか馬鹿じゃねえの(自嘲)

折角の景色なのにスマホカメラしかないとかあほくさ。

ままええわ(諦め)

 

ちなみにこの道はなかなかいい感じのコーナーも多いが、とにかく道端に車停めてる人が多い(この時期だけだろうが)

また道が狭く、木が多いために見通しも良いとは言えない。

あんまり調子に乗ってると停まってる車にバァン!(追突)してオイゴルァされかねないので安全重点で走ろう(提案)

あと蕎麦饅頭がおいしかった(KONAMI)

 

さて満足したので帰ろう。

 

帰り道
f:id:hui711:20171114125359j:image

日が暮れるころには帰宅。

次の記事あたりでセローくんと最近導入した装備品のガバガバインプレでもやるかなぁ…

中国関西ツーリング(最終日)

撤収完了!

f:id:hui711:20171112183935j:image
楽しい時間ってのは過ぎるのが早いっすよね…(哀しみ)

 

そんなわけであっという間にツーリング最終日を迎えた。

ここから自宅まで300kmほど。

安全重点、最後まで無事故無違反で帰宅しよう。

家に帰りつくまでがツーリングだってそれ一番言われてるからな(交通安全OJSN)

 

ここでゆでまる兄貴、みそぼん兄貴とお別れして、る兄貴と合流予定の山口県岩国市を目指す。

 
f:id:hui711:20171112190327j:image

今のところまだ晴れ間が見えるが、これから再び下り坂の天気らしい。

予定時刻に間に合うようひたすら国道を走る。

 

 

広島市
f:id:hui711:20171112190559j:image

広島市街もバイパスを使い通過するが、ホントにこの辺は流れが速い。

あんまりセローくんで速度上げたくないのだけどここは仕方ないか。

交通量が多いながらも流れは良好な区間がほとんどだった。

ひたすらバイパスや国道を走り続けるのみだったのであんまり写真もない。

予報通りかなり雲が出てきた。

 

 

山口県岩国市

f:id:hui711:20171112190737j:image

 無事にる兄貴と合流。

早速里見兄貴から託されたずんだサイダーを手渡す。

喜ぶんやど(押し売り)

さて出発だ。 


f:id:hui711:20171112223023j:image

晴れてればなぁ…


f:id:hui711:20171112223107j:image

付近の道をちょいと案内してもらったあと、この辺では有名らしい店で昼飯。


f:id:hui711:20171112223205j:image

おにぎりと鶏肉の串焼き?

何にしても両方デカイ!

ちょっと量多いね~(女の子)

昼飯後は山口市内まで一緒に走って、その後流れ解散。お土産にと獺祭まで頂いていやもうホントに申し訳ないッス。

今度会うときは福岡の地酒持ってこなきゃ…(使命感)

 

 

中国道:壇之浦PAにて
f:id:hui711:20171112223446j:image

関門橋渡って九州へ。

ここに来て雨と強風再び。

ちょっとすいません…(風)止めてもらっていいですか…(懇願)

風で吹っ飛ばされそうなセローくんを必死で抑えながら橋を渡りきる。

暴れるな…暴れるなよ…(お祈り)

 

 

とまあなんやかんやで無事に帰宅することが出来た。

f:id:hui711:20171112223858j:image

 

今回のツーリングでの総走行距離は1477km。
f:id:hui711:20171112223841j:image

全日程の4/5が雨という過酷なツーリングだったが、トラブルなく最後まで走りきってくれたセローくんには感謝やで…。

それと、大分遅くなってしまったけど、ツーリング中一緒に走ってくれた皆さんと、様々な情報を提供してくれた方々にこの場を借りてお礼を申し上げます。

中国関西ツーリング(4日目)

姫路城

f:id:hui711:20171112153822j:image

姫路城とセローくん

なんかおっきい(小学生)

 

さて生憎の曇天だがこれから天候は回復するとのこと。

本日はみそぼん兄貴と合流し、 一路広島へ。

とりあえず無事に合流したので姫路城を見にいかねか?

行くぅ~^
f:id:hui711:20171112154221j:image
f:id:hui711:20171112154240j:image
f:id:hui711:20171112154309j:image

中に入ろうかと思ったけど残念ながらまだ開いてませんでした…(朝七時)

昼過ぎには倉敷にてゆでまる兄貴と合流する予定。

遅れる訳にもいかんし…また来る理由が出来たということで次行こうぜ。

 

岡山県倉敷市 美観地区
f:id:hui711:20171112154805j:image
f:id:hui711:20171112154907j:image
f:id:hui711:20171112154935j:image
f:id:hui711:20171112154952j:image

 なかなかいい雰囲気してんじゃん(称賛)

なんか別の国へ迷いこんだみたいだぁ…(直喩)

 

そうこうしてるうちにゆでまる兄貴から到着したとの連絡。

合流した後昼飯食ってさあ出発だ!
f:id:hui711:20171112155342j:image

味はそこそこですね(クソレビュー)

 

その後は広島入りしてキャンプ場へ。

今までのクソ天気とはうってかわって快晴。道中雨に降られることもなく、無事に到着。

 

高坂自然休養村

この旅初のキャンプでオラワクワクすっぞ。

早速タープを立てようとしたらやり方が分からない(大池沼)

結局適当に立ててお茶を濁しました。


f:id:hui711:20171112161349j:image
焼いてかない?(幻聴)


f:id:hui711:20171112160909j:image

 広島ホモキャン部の兄貴たちが仕事帰りにわざわざ日帰りで遊びに来てくれました。

暗かったので写真があんまりないねんな…

このキャンプ場、無料なのに水場あり(飲用可)、トイレあり(ペーパーもある)、整備もされててペグもそこそこ打ちやすいと非常に良いキャンプ場だった。

また行きてぇなぁ…

中国関西ツーリング(3日目後編)

えー更新遅くなりましたが…

忙しいからね、お兄さん許して~^

記憶も曖昧になりつつあるので写真多目でサクッと更新していく。

続き行くよ~

 

鞍馬寺
f:id:hui711:20171112122547j:image

ということで大阪のホモこと里見兄貴と合流。

このクソ雨の中わざわざ迎撃に来てもらっていやもうホントに申し訳ない(素)

では早速鞍馬寺へ向かおう。

f:id:hui711:20171112122609j:image
f:id:hui711:20171112122623j:image
f:id:hui711:20171112123109j:image
f:id:hui711:20171112122708j:image
このために来たんだからなぁ、わざわざ九州から…(達成感)


f:id:hui711:20171112123639j:image

天狗の聖地をまた一つ制覇してご満悦のホモ

 

その後適当に鞍馬寺前の茶店で昼飯にする。
f:id:hui711:20171112124108j:image

里見兄貴から山口のホモに渡してくれと東北のやべーやつ(ずんだサイダー)を託される。

大阪でも手に入るのか…(畏怖)

 

KTM大阪北
f:id:hui711:20171112124331j:image

その後京都市街を抜け、何故か大阪のKTMショップへ。

里見兄貴がKTMのオフ車への乗り換え相談をしにいくとのことで、なんとなくくっついていく。

初めての外車ショップでオラワクワクすっぞ。

ていうかKTMのオフ車やばない?

シートが腹の位置にあるんですがそれは(畏怖)

やっぱセローくんが一番やな(再確認)

その後里見兄貴とは流れ解散し、一路兵庫へ。

また盛りあいたいぜ。

 

さてその後無事に兵庫県入り。

でまたここで問題が発生。

元々の予定ではこの日は姫路市まで入る予定だったんだけど、姫路市まで入ると確実に日が暮れる。

そのため神戸市付近のキャンプ場に入ろうかと考えてたのだけど…

片っ端から電話したところ、軒並み期間外で閉鎖若しくは当日飛び込みは無理と全て断られる。

またですか(呆れ)

ちょっと下調べがガバガバすぎんだよね~(自嘲)

なんかもうめんどくさくなってきたので姫路市に宿を取って予定通り姫路市入りしよう(諦め)

 

 

兵庫県姫路市
f:id:hui711:20171112125607j:image

うおっまぶしっ(GUN道)

あれが姫路城ですか…

なかなかいい雰囲気してんじゃない?(ハナホジ)

 

お宿到着
f:id:hui711:20171112125804j:image

ということで本日のお宿はこちらっ

姫路城そばにあるシロノシタゲストハウスに宿泊。

宿を経営されてるご夫婦とても親切だったし、まだ出来たばかりなのもあって設備も綺麗でとても快適だった。


f:id:hui711:20171112130751j:image

宿のご主人に紹介してもらったお好み焼き屋で夜飯!

うん、おいしい!

ということで3日目はここまで!

中国関西ツーリング(3日目:前編)

f:id:hui711:20171103191750j:image

はい、おはよう!(寝坊)

 

えー本日は早起きして観光してから鞍馬寺へ向かう予定でしたが…

 

起きられませんでした…(敗北宣言)

 

まぁすげぇ疲れてたから仕方ないね。

何故そんなに疲れてたのか。

まぁ理由があるわけで…

 

 

昨晩

鳥取砂丘出発時点で既に5時前だったことからキャンプを諦めたワイ。

翌日の行程も考慮して、京都府舞鶴市付近にて宿を取ることを決意。

しかしこんな時間になってから飛び込みで予約を受け付けてくれる宿となると限られてくる。

ネカフェに入るのもちらりと考えたものの、ネカフェだときちんと寝られない。 

あまり翌日に疲れを持ち越すと、最初は何ともなくとも後々重く響いてくることは今までの経験でよく分かっていたので、どうせキャンプしないのであればちゃんと布団で寝たい。

しかし舞鶴近辺で空いているのはどれも一泊五千円をゆうに超えるビジネスホテルばかり…

どうすっかなぁ…と悩んでいたところ、舞鶴市手前の与謝野町にて素泊まり二千円ほどの格安の民宿を発見。

早速電話してみると、今日は空いているのでOKとの有難いお返事。

 

さ ぁ 往 こ う ぜ

 

 

 

 

京都府与謝野町

えー宿の位置なんですけどもね、こ↑こ↓
f:id:hui711:20171103193436j:image

本日お邪魔するのは民宿かや山の家

あー結論から言うとですね。

 

死ぬかと思った。(真顔)

 

雨の中、民家はおろか街灯すらない、真っ暗な山奥の荒れた林道をセローくんのヘッドライトだけを頼りにひたすら一時間半ほど。

周囲が深い森のためか冗談抜きで本当に真っ暗闇で、木立の間からは鹿、狸などがじっとこちらを伺っている。

今でこそ笑えるが、あの時は一切誇張抜きで本当に恐ろしかった。というかちょっと泣きそうだった。

やっぱ夜の山は人間が入っちゃダメだな!(確信)

山を抜けて民家が見えてきた時の安心感と言ったらいやもう…

皆も夜の山には気を付けよう!(注意喚起)

 

 

…とまあこういう理由で、昨晩は一切誇張抜きで疲労困憊であった。

寝坊するのも仕方ないね(言い訳)

さて本日は里見兄貴と11時に鞍馬寺でランデブー(激寒)する予定なのでとっとと出発しよう。


f:id:hui711:20171103235938j:image

パパッと積載したら、ナビタイムにルートをお任せして(デスノボリ)、さあ出発だ。

 


f:id:hui711:20171104000052j:image

うーんなんか幻想的。

ここに限らず、京都の山はなんか独特の雰囲気がある。確かにこれなら妖怪が棲んでいるとか言われるのも納得だな。まぁ天気のせいもあるだろうけど。

 

さて早朝の田舎道なのもあってか、交通量も少なく道も綺麗で快走できる。

カーナビによると十時半ごろには鞍馬寺に到着するらしい。

のんびり行こうぜ~^

 

カーナビくん「まもなく左方向、国道477号線に入ります。」

ワイ「了解やで(左折)」

 

この国道477号線が全国的に有名な酷道であるということを知ったのはツーリング終了後のお話。


f:id:hui711:20171104133807j:image
f:id:hui711:20171104133959j:image

すいません…(酷道)もうやめてもらっていいですか…おいやめろ(キレ気味)

 

上の写真はまだかなりマシな路面。

酷い所では一面びっしり落ち葉が積もっていた上に路面は凸凹だらけ。木々が多くてコーナー先の見通しが効かない上、急勾配の連続180°ターン。いつスリップダウンするやら気が気じゃない。

おまけに何故お前がここにいると問い詰めたくなるような大型観光バスが何台も何台も突然コーナー先から現れる。

もう許して~^(懇願)

 

結局鞍馬寺に到着したのは11時になってからだった…