セローとヘッポコライダーのツーリング記録

ツーリングセロー(2014)であちこち走り回る九州在住のヘッポコライダーのブログです。

おまたせ(迫真)

更新期間かなり空いてセンセンシャル!
とりあえずレンタルでカワサキninja250、ヤマハYzf-r25にそれぞれ800kmほど乗ったのでクソザコ初心者ライダーの淫プルェ書こうと思います。
ヤマハYZF-R25(2015)
f:id:hui711:20150926002530j:image
こちらは盆休暇で一週間ほどレンタルしてみたゾ。
初の公道で乗ったバイクということもあり、何だかんだでこいつが自分の今後の基準になりそうだ。
ちなみにこいつ、レンタルしたショップでカスタムされており、マフラー交換、バックステップ装着、HID導入済みだったのでドノーマルとは感覚違う気がするので注意して欲しいゾ。
教習所で教わった基本通り、2000から3000回転ほど回してやれば割と雑なクラッチ操作でもきちんと発進してくれた。
教習所で乗っていたクソボロ中破cb400sfと違い、曲がりたい方向を意識するだけでかなり軽快にヌッ!と切れ込んでいき、自分が上手くなったのかと勘違いしそうになる。(バックステップのおかげもあるかもしれない)
また、高回転がかなり爽快で、7000回転くらいから加速感が強くなるうえに、マフラー交換のおかげもあってかかなり良い音がして気持ちよかった(こなみ)
しかし、後述するninjaに比べ低回転は苦手のようで、高いギアで(大体4速より上くらいか?)回転数が2500を割ると、かなり大きなガタガタという音と共に振動が出て、かなり不安になる。まあニーハンだしある程度は仕方ないのかとこの当時は思っていた。
カワサキninja250(2016)
f:id:hui711:20150926002040j:image
こちらも2000から3000回転も回せば余裕で発進できた。
スリッパークラッチ導入の効果が出ているのか、YZF-R25に比べ、かなりクラッチは軽い印象だった。(お陰で左手の疲れはそれほど感じなかった)
高回転での加速感はYZF-R25ほど強くない印象を受けた。また、峠などでもR25ほど、軽快な印象は受けなかった。(これに関しては慣れのせいもあるかもしれない)
しかし低回転はR25よりもはっきり使いやすく、6速2000回転ほどからでも大してがたつくこともなく加速していくのには驚いた。
やはりR25はエンジンを高回転重視のセッティングとしてあるのかもしれない。
ハンドリングに関しては前述の通り、R25ほどの軽快感は感じられなかったが、高速域での安定性に関してはninjaの方が優れているように思う。
あくまでも初心者ライダーの意見ではあるが、峠やサーキット用途ならR25、長距離ツーリングや街乗りならninjaの方が適しているように思う。
明日からは一泊二日でcb400sfをレンタルする予定なので、そちらの簡単な淫プルェもやるから見とけよ見とけよ~