セローとヘッポコライダーのツーリング記録

ツーリングセローであちこち走り回る九州在住のヘッポコライダーのブログです。

ぬわつか&オイルコウカーン

ぬわあああああん疲れたもおおおおおおん

というわけで前回から二か月も間が空いてしまった。

すっげぇ疲れてる、はっきりわかんだね(白目)

まぁマジレスすると、最近新たな職場で働きだしたのもあり、忙しくてろくにツーリングらしいツーリングにも行けてないし、疲れてブログの更新をいまいちやる気になれなかったのだ(クソザコナメクジ)

許し亭ゆるして

 

さて改めて。

新年度を迎えたわけであるが、特に何か変わったわけでもない。

なので特に書くことがないのである。

ツーリングも行けてないしね・・・

というわけで今回は、SLくんのエンジンオイルをカワサキ純正から変えてみたのでちょっとだけインプレのようなものを書いてお茶を濁そうと思う。

 

さて、今回入れたオイルはパノリン ストリート4Tブレンドだ。(URL参照)

www.okada-corp.com

 なんでもスイスのオイルメーカーだそうで、ライコのおっちゃんにえらいおすすめされたのと、ちょうど10%引きされてたので物は試しと入れてみた。

SLくんはエンジンオイルが1Lちょうどで良いので、計算が楽で助かるな。

 

 さてこちらのオイル。一応パノリンオイルの中ではもっとも低いグレードになる。

とはいっても値段はリッター2000円ちょいとカワサキR4とほとんど変わらない。

入れてみてどう変わったか。

 

まずアイドル回転数が多少上がったような気がする。

今までは1250~1500回転の間くらいだったのだが、1500~1750回転で安定するようになった。まぁ外気温やその他の条件にも左右されるだろうからオイルによるものかどうかはっきりしないが。

 

次にシフトフィール。

これは明確に変わった。

SLくんに試乗したりしたことのある兄貴はご存知の通りだと思うが、SLのシフトはかなりガチッとした感じである。(個体差はあると思うが)

1→Nはもちろんのこと、1→2→3とシフトアップしていく際にも一回一回にガチンという手ごたえがある。(この手ごたえのおかげでギアが入ったことがすぐわかるので意外に気にいってはいる)

このショックが明確に小さくなった。

例えて言うなら間に薄いクッションを一枚挟んだ感じ。

変わらずガチッと入るのだけど、入り方の角が取れた感じと言ったらいいだろうか。

これは個人の好みもあるだろうから一概に良いとは言えないかもだけど、こっちのほうがミッションに優しい気がしてボクは好きです。(直球)

 

あと今のところは交換サイクルについてくらいしか書けることはないか。

とりあえず3000kmほど走ったので交換(同じもの)してみたが、3000km時点では特にシフトが渋いとか、Nに入らないとかいった不都合は感じられなかった。

現状での総評としては、いいオイルといってもいいんじゃなかろうか。

皆もオイルに悩んだら入れてみよう(ダイレクトマーケティング)

 

いよいよ暖かくなってきたし、どっか泊りでツーリング行きてぇなぁ~

今までは九州内ばっかりだったんで、ここいらで本州のまだ見ぬホモライダーを襲撃に行くのも面白そうやなホンマ(野獣の眼光)